とことん、いっしょに 学校法人未来学舎

業界で活躍する卒業生の声!

ブライダル・ホテル分野

矢崎 由真さん

責任のあるポジションへのチャレンジ

ホテル・観光・ブライダル学科 2012年卒業
矢崎 由真さん
(株)ジェイ・キッズ(ブライダル司会事務所)
下諏訪向陽高校出身

MITへの進学と同時に、将来の夢に役立つと思ってブライダル関係のアルバイトを始めました。アルバイト先に結婚式の打ち合わせに来られるお二人はとても幸せそうで、そのお手伝いをしているだけでも幸せな気持ちになれました。就職活動を始める時期になって、アルバイト先の社長が私に勧めてくれたのは、なんと司会者という仕事。 司会者といえば、結婚式の喜びや感動を左右する重要なポジション。
責任のある仕事ですが、私は迷わず「はい」と返事をしていました。
今は、地元の会社で司会者のアシスタントとして、仕事を一から学んでいるところです。いつか一人前の司会者になり、新郎新婦に人生で最高に幸せな一日をお届けできるよう頑張っています。

【取得ライセンス】
WBJ 「認定ウエディングプランナー」/WBW 「認定ウエディングスペ シャリスト(CWS)」/WBJ 「認定ドレスコーディネーター」/コミュニケーション検定 初 級/サービス接遇実務検定試験2級/ワープロ検定3級/情報処理技能検定試験(表計 算)3級/文書デザイン検定試験2級/文部科学省後援 色彩検定3級/部科学省認定 硬筆書写検定3級/文部科学省認定簿記能力検定試験3級

牛山 萌愛さん

夢だったウエディングプランナーに!

ホテル・観光・ブライダル学科 2014年3月卒業
牛山 萌愛さん
マンマ・ミーア!
塩尻志学館高校出身

中学2年の時、姉の結婚式で初めてウエディングプランナーの存在を知りました。その姿にあこがれて、私自身の将来の夢に。
MITに入って一筋にウエディングプランナーをめざしてきました。
必死で取り組んだ勉強も、友人との励まし合いも、感動に満ちた数々の実習も、一生の宝物です。
就職が決まり、もうすぐ夢がかないます。あこがれだけじゃプロにはなれない厳しい仕事と自覚しています。だからこそ最高に素敵な結婚式をプランニングできるようになるのが、これからの夢です。

【取得ライセンス】
サービス接遇検定試験2級/ワープロ検定準1級/文書デザイン検定試験2級/情報処理技能検定試験(表計算)1級/Excel表計算処理技能認定試験2級/販売士検定試験3級/認定ウエディングスペシャリスト(CES)/認定ウエディングプランナー/認定ドレスコーディネーター/A・ブライダルコーディネーター検定試験/ホテル実務技能認定試験上級 秘書検定2級

森田 梨奈さん

お客様にご満足を提供できるホテルウーマンに

ホテル・観光・ブライダル学科 2014年3月卒業
森田 梨奈さん
中央アルプス観光㈱
赤穂高校出身

MITではブライダルや飲食・ホテルサービスをはじめ、さまざまな分野のことを幅広く学べるので、将来どんな方向に進んでも、きっと役立つと感じていました。1年生の夏休みに自分から希望して、インターンシップで寮生活をしながら白馬のホテルに勤務。
リゾートでのサービス業って、自分に向いているかもしれないなと思うようになりました。卒業後の私の勤務先は、日本有数の観光地のホテル。お客様に「来てよかった」とご満足いただけるサービスのできるホテルウーマンを目指します!

【取得ライセンス】
情報処理技能検定試験(表計算)2級文書/デザイン検定試験2級/販売士検定試験3級/認定ウエディングスペシャリスト(CES)/サービス接遇検定試験2級/ホテル実務技能認定試験初級/文部科学省後援色彩検定3級/A・ブライダルコーディネーター検定試験

洞澤 菜摘さん

宴会や婚礼をディレクションする日を夢見て

ホテル・観光・ブライダル学科 2011年卒業
洞澤 菜摘さん
ホテル翔峰
穂高商業高校出身

お客様のご案内や、宴会時のお手伝いなどが主な仕事です。いつも笑顔で接客できるよう、健康管理には気を使いますね。お客様が館内でくつろいでいらっしゃる姿を見たり、お客様からおほめの言葉をいただいたりしたときには、仕事のやりがいを実感します。今はまだ任された分担をこなすのが精一杯の毎日。でも、いずれは自分が先に立って動き、大きな宴会やブライダルセレモニーも仕切れる存在になれるよう、経験を積んでいきたいですね。
何ごとにも良い面と悪い面の両方があるもの。仕事に関してもそう意識すれば、くじけずにがんばれると信じています。きっと進路選びも同じですよ。

デザイン分野

溝口 諒 さん

責任のあるポジションへのチャレンジ

グラフィックデザイナー 溝口 諒 さん
現 未来ビジネスカレッジ マルチメディア学科 2002年3月卒
同校研究科、諏訪地域の広告代理店にてデザイナーとしての経験を積み、2011年4月にデザイン事務所「でざいんと」を設立

グラフィックデザイナーは、単にアイディアを出してデザインに落とし込むことだけが仕事ではありません。例えば、お客様のニーズや理想を的確に理解する能力や、それを聞き出すコミュニケーション能力が求められます。ほかにも、クライアントや上司に"ダメ出し"をされ続けてもへこたれない精神力や、深夜残業・休日出勤が続いても乗り越えていける体力が必要不可欠です。現実は、身も心もへとへとになる仕事です。ただ、それを「苦労」ではなく「経験」と捉えることが、成長につなげる秘訣だと思います。もちろん、納得のいくまでデザインと向き合った結果、作り上げた作品が人の心を動かし、驚きや感動を与えられた時には、この仕事の魅力・ヤリガイが間違いなく実感できます。
学生の間はとにかくいろんなものを見ること。グラフィックにこだわらず、風景や出来事でも「いいなぁ」と思ったら、なぜいいと思ったのか具体的に考えるクセをつけてください。興味を持ったことを新たに学ぶこともいいと思います。何を学んでも、何を経験しても、それはきっとデザインに活かされると思います。
夢や目標は持ちつづけることが大切です。ゴールは新しいスタートと考え、常に挑戦し続けてください。いつの日か、街のどこかで、皆さんの若い感性と情熱が込められた作品に出会える日を楽しみにしています。

経理・ショップ分野

大原 範子さん

社会で必要なことが自然と身につく、すぐに役立つ!

大原 範子さん
オフィスビジネス学科 2007年卒業
株式会社シンケン
田川高校出身

高校時代の友人の多くは、4年制の大学に進学しました。でも私は少しでも早く社会に出て、一人前になりたいと思っていました。高校を卒業してすぐにでも働く意欲はあったのですが、ただ勤めるんじゃやりがいがありません。第一線で、即戦力になるなら、それなりの資格が欠かせないと考え、MITのオフィスビジネス学科を選びました。MITでは、さまざまな検定や資格への取り組みはもちろん、日々の授業がとにかく実践的。実は、毎日先生に怒られるほど反発しがちな学生だったのですが、気がつくと、基本的な礼儀やマナーが自然に身についていました。2年間で習得した知識やスキルは、今、事務の現場で働く私の、まさに武器! 授業の一環で取り組んだ古紙再利用も、会社で率先して行っています。そして、2年間をともに過ごした友人たちが、私の生涯の宝物です。

上條 寿恵美さん

成果として数字が伸びるのが販売業のやりがい

上條 寿恵美さん
オフィスビジネス学科 2011年卒業
株式会社ツルヤ
豊科高校出身

仕事に欠かせないワード・エクセルなどのパソコン実務に加え、簿記、販売士、サービス接遇など、MITで身につけた知識がとても役立っています。検討した販売戦略や商品選択、配置などの成果が売上につながるのが、仕事の大きなやりがいです。

宮田 浩章さん

自分の武器になる何かをMITで身につけよう

宮田 浩章さん
情報処理経理科 1990年卒業
花村産業株式会社 総務経理部 経理電算課
松商学園出身

世の中で仕事をする以上、いかなる職種や業種であっても競争は避けては通れないものだと思います。ですからこれから専門学校を目指す皆さんには、そこでの2年間を無駄にすることなく、何か自分の武器を身につける機会であると考えてがんばって欲しいですね。

今村 雅幸さん

自分なりの目標設定を常に!

今村 雅幸さん
情報処理経理科 1992年卒業
タカヤマケミカル株式会社 総務部経理グループ
田川高校出身

勉強でも仕事でも(趣味でも)、常に自分なりの目標を設定すること!そうすれば、そういった目標を一つひとつ達成する喜びを知り、ひいてはさらに上を目指す積極的な姿勢が生まれるものです。

ビューティー分野

佐々木 亜美さん

お客様に喜んでいただけることが何よりの励み

佐々木 亜美さん
TBCグループ㈱
トータルビューティー学科 2012年卒業/岡谷東高校出身

TBC松本店でエステティシャンとカウンセラーの業務をしています。3年目に入り、私を指名してくださるお客様も出始めました。その方々が喜んでくださる姿を励みにがんばっています。エステの仕事って、精神的にも体力的にもパワーが要りますが、お客様の反応がダイレクトに返ってくるので、とてもやりがいがあります。具体的な数字の目標も、到達したときの達成感や充実感が、私にとって大きなモチベーションになっていますね。MIT時代、勉強はもちろん学校行事やプライベートでクラスメートと過ごした思い出が宝物。みんな同じ業界にいて、目標や悩みを語り合えるかけがえのない存在です。

上鎌 里美さん

技術と接客をもっと磨き、目標に向かってまっしぐら!

上鎌 里美さん
有限会社アルファ・イン松本店 副店長
トータルビューティー学科 2013年卒業/南安曇農業高校出身

お客様と接する実際の仕事は、実習よりずっと厳しく、緊張の連続です。技術的にも精神的にも自分はまだまだと思い知らされることも多く、クレームを受けることもあります。そんな私でも最近は指名をいただけるようになりました。初めて指名された時の喜びは忘れることができません。エステは人をきれいにしてさしあげる仕事。自分自身がきれいでいることも大切です。がんばった成果が、お客様や自分自身の「美」として具体的に表れ、しかもお客様に喜ばれる素晴らしい仕事だと感じています。もっと技術を高め、接客を磨いて、販売額をぐんぐん伸ばせるエステティシャンになることが目標です。

坂口 みさとさん

やりたいことを仕事にできる幸せ!

坂口 みさとさん
ネイルサロンmoA 上田アリオン店
トータルビューティー学科 2013年卒業/上田千曲高校出身

ネイルが大好きな私にとって、最先端のネイル技術を学ぶことができたMITでの2年間は本当にあっという間でした。先生もやさしく親切で、ネイルや美容に関する資格はもちろん、実務系の資格もたくさん取得できて、社会に出る自信がつきました。一番楽しかったのは、ジェルネイルの授業です。つやつやプックリの質感の中に、自分のセンスを生かしてカラーやデザインを決めていく過程に、夢中で取り組みました。今、あこがれだったネイリストとしてサロンに勤務しています。好きなネイルを仕事にできる幸せを感じながら、プロとしてさらに技術を磨いていきたいですね。

小林 加奈さん

学んだことが今、全部生きています

小林 加奈さん
ネイルサロン Byu
トータルビューティー学科 2011年卒業/岡谷東高校出身

実を言うと、高校時代までは「なりたい自分」なんて、まだ何のイメージも持てませんでした。MITで美容のことをトータルに勉強するうちに、何か見つかるかもしれないというくらいの気持ちで入学したのですが、本当に見つけました!ネイルの細かい作業や、一つ一つじっくりデザインしていく過程が自分に向いていることに気づいたんです。勤務先はトータルビューティサロンなので、ネイルだけでなく、エステや脱毛も担当します。MITで学んだことが全部生きていると感じます。この仕事を通じ、技術、接客、そして人間性も磨き、もっともっと成長していけたらいいなと思っています。

動物看護師分野

百瀬 鈴加さん

百瀬 鈴加さん
動物看護師学科 2013年卒業/明科高校出身
諏訪かりん動物病院

❶ 祖父の影響からか動物が大好きで、気が付けば幼い頃から犬や猫と毎日一緒でした。ですから高校生になって自分の進路を考えた時に、地元の専門学校で動物看護師の学科があることを知り入学を決めたことは自然な流れでした。
❷ クラスマッチや運動会、文化祭、お花見や食事会など...クラスのみんなと過ごした二年間は宝物です!悲しいことも辛いことも協力して乗り越え、毎日笑顔の絶えない和気あいあいとしたクラスでした。
❸ 朝早くから夜遅くまでと大変な時期もありますが、飼い主さんから「お世話になりました。またよろしくお願いします。」との感謝の言葉や、動物たちが元気になって嬉しそうに帰って行く姿を見ると、もっと頑張ろう!と思います。
❹ 今年で看護師として三年目になりますが、仕事を始めた頃の緊張感や向上心の気持ちを忘れず、日々スキルアップしていきたいです。
❺ 動物を愛する気持ちを大切にして下さい。動物たちは不思議とそれを感じ取ってくれるようで、意思疎通することが出来ますよ。

上原 佳菜江さん

上原 佳菜江さん
動物看護師学科 2012年卒業/南安曇農業高校出身
アルプス公園小鳥と小動物の森

❶ 昔から動物に関わる仕事をしたいと考えていましたが、高校2年生の時に動物病院で具合が悪くなった飼い犬を診てもらいました。不安な気持ちのまま待合室で順番を待っていた時、看護師さんから話しかけてもらいとても安心しました。診察中も犬の事を優しく扱ってくれるところなどを見てこんな優しい看護師になりたいと思ったことがきっかけです。
❷ 学生時代の思い出は動物と一緒に行った実習です。基本の健康チェックから採血など、練習させてくれた動物達には今でもとても感謝しています。
❸ 今は動物園で飼育員の仕事をしています。仕事内容は主に担当動物の餌やりや掃除を行っています。力仕事など体力を使う仕事もありますが毎日動物達が元気な様子を見ると大変な仕事でもやりがいを感じます。
❹ 職場では勉強の日々です。まだわからないことがたくさんあり、先輩方から様々なことを教わっています。私から小学生にウサギの飼い方などを説明する機会もあるので、正しいことを教えてあげられるように今後はもっと多くの知識を増やしていきたいです。
❺ きっと動物が大好きなみなさんだと思いますので、これからも動物を大切に
していってください!悩むよりもまず行動してチャンスをものにしてください!

上條 紗泰雅さん

上條 紗泰雅さん
動物看護師学科 2014年卒業/塩尻志学館高校出身
石川犬猫病院

❶ 目指すきっかけはもちろん、動物が好きだからで、辛い思いをしている子達の近くにいて支えてあげたいと思ったからです。
❷ 先生の存在ですね。様々な面で支えられ、分かりやすい授業で知識と技術を教えていただきました。、いつかはこんな人になりたい、こんな動物看護師になりたいと思わせてくれる、皆が皆、尊敬できる人達ばかりでした。
❸ 元気を失っていた動物達が回復してゆく様子を見守り、飼い主様から感謝の言葉をいただくと、ここで働いていて良かったと心から思います。
❹ 今は経験を積み、知識を得て、信頼される看護師になることが一番の目標です。いつか立派な看護師になって後輩達に自分が学んできた事を教えてあげられるようになりたいです。
❺ 動物看護師は毎日が勉強ですが、飼い主さんや動物達などを支えて、力になってあげられる働きがいのある仕事です!

藤森 拓斗さん

藤森 拓斗さん
動物看護師学科 2014年卒業/岡谷東高校出身
ペットショップ ワンラブ

❶ 犬や猫がものすごく好きだったからです。当たり前かもしれませんが大切なことです。
❷ 授業よりもむしろ、クラス行事や打ち上げ、運動会などで、みんなでワイワイ騒いだことを懐かしく思い出します。
❸ 責任ある仕事を多く任されているので、緊張感と共にやりがいをとても感じます。ペットショップにいる犬・猫をはじめとするたくさんの動物たちが健康に過ごせ、いい飼主さんにめぐり合えるように毎日真剣に仕事に取り組んでいます。また、お客様からの質問に的確に答え、信頼を得られるように勉強を続けています。
❹ 現在は店長代理を務めていますが、1年以内に店長になり、ますます仕事をがんばりたいです。
❺ 学校の授業や実習で学ぶことはもちろんどれも大切です。しかし、実際の動物医療現場や動物業界などで多くの経験をさせていただきながら学ぶことも大切です。動物病院やペットショップなどで積極的に実習させていただき、実体験を元に理想の就職先を見つけてください!

トリマー分野

常田 彩香さん

MITの実習に感謝!

常田 彩香さん
ペットライフケア学科 2011年卒業/須坂東高校出身
犬処 ケンケン

実習は、電話での受付から、お客様のペットを預かってトリミングしてお引き渡しするまで、すべてが現場の流れに沿っています。緊張の連続でしたが、就職後、それが私を成長させてくれたことに気づきました。大好きな仕事、大好きな職場で、これからもがんばります。

龍野 あゆみさん

トリミングも生体販売もお客様の信頼が大切

龍野 あゆみさん
ペットライフケア学科 2011年卒業/諏訪実業高校出身
AZ

トリミングと生体販売を担当しています。今実感しているのは生体販売の難しさ。生きた動物を購入していただくには、いかにお客様に納得していただいて信頼を得るかが大切です。それだけにリピーターのお客様と話をさせていただく時は、とても充実しています。

武居 和美さん

いろんな犬種のカットが楽しくて♪

武居 和美さん
ペットライフケア学科 2013年卒業/松本第一高校出身
ドッグサロン 夢民 MOOMIN

MIT時代は時間に追われながらも、勉強も実習も、我ながらよくがんばったという手応えがありました。それが今、仕事に生きています。いろんな犬種の子をカットできるのが楽しくて楽しくて♪これからも勉強し続け、お客様に喜ばれるカット技術を磨いていきたいと思います。

平澤 詳子さん

魅力を最大限引き出せるトリミングを

平澤 詳子さん
ペットライフケア学科 2012年卒業/諏訪実業高校出身
アネモネ動物病院

トリミングルーム併設の動物病院に勤務しています。1日7~8匹をカットしますが、繁忙期には1日20匹という日も!カット中に皮膚や健康状態などに問題を見つけた時、すぐ隣の病院で診療をお勧めできるので喜ばれています。魅力を最大限引き出すカットを目指しています。

製菓・製パン分野

武田 沙貴さん

今を決めたのは、子供の頃の一瞬の出来事でした!

武田 沙貴さん
パティシエ・ブーランジェ学科 2014年卒業/豊科高校出身
安曇野菓子工房 まる山

生まれ育った実家が今働いているお店の近くで、幼少の頃にこのお店で目の当たりにした綺麗なケーキに一瞬にして心奪われことが製菓の道を志すきっかけになりましたね。その後もその思いは色あせることなく、高校に入学する時には「卒業後は製菓の専門学校に進学する」と決めていたほどです。MITでは製菓の基礎はもちろん、2年間を通じて自分だけのオリジナルレシピの作り方を学べたことが今の仕事に役立っています。お菓子工房での仕事はやることが多く、一日はあっという間に過ぎてしまうのですが、限られた時間を効率的に使って仕事をこなせた時はうれしくなります。まだまだ一年目で知らないことや出来ないことが多いのですが、積極的にチャレンジする姿勢を持ち続けてゆきたいと思っています。

伊藤 慎太郎さん

地元のお客様に愛される店を持つ日を夢見て!

伊藤 慎太郎さん
パティシエ・ブーランジェ学科 2011月卒業/東海大学付属第三高校出身
株式会社スヰト

今は主にパンの「焼き」を担当しています。重い鉄板を出し入れしたり、磨いたり、腕に筋肉がつくほど腕力を使う仕事です。でも、窯から出たばかりの自分が焼いたパンをお客様が見て、パッと表情が明るくなるのがたまらなくうれしく、やりがいを感じます。製パンの仕事に興味を持ったのは、高校時代に見たパン職人のマンガがきっかけ。実際に自分がその職業につけるなんて、その頃は思ってもみませんでしたが、MITで学んで現実になりました。将来、あまり大きくなくてもいいので、地元のお客様に愛され、「知る人ぞ知るおいしいパン屋さん」と呼ばれるような店を持ちたいと思っています。

山岸 拓也さん

自分が企画・開発したお菓子が商品となり、お客様を笑顔に!!

山岸 拓也さん
パティシエ・ブーランジェ学科 2012年卒業/須坂東高校出身
関谷温泉 湯っ蔵んど

温泉施設内の喫茶スペースで、お菓子・ジェラートの製造販売と接客をしています。飲食施設が少ない地域にあり、また、温泉施設ということもあって、毎日多くのお客様にご利用いただいています。「失敗を恐れるな、失敗は成長と同じ」と、新商品の研究・開発やチャレンジを後押ししてくださる自由な社風の中で、やりがいをもって取り組んでいます。自分が考えたお菓子が実際に商品になり、それが好評だと本当にうれしいものですし、今後の励みになります。皆さんも失敗を恐れず、今からどんどんお菓子作りにチャレンジし、おいしいものをたくさん食べて舌を肥やしてください。

石山 裕貴さん

「頑張りが結果となる」そんな仕事に醍醐味とやりがいを感じます!

石山 裕貴さん
パティシエ・ブーランジェ学科 2013年卒業/池田工業高校出身
ときしらずの宿 織花

今の勤務先は和風旅館なのですが、館内にはカフェコーナーが併設されているので、そこでのサービスの仕事も任されています。今後は同じ系列の県内のリゾート系ホテルなどでカフェの出店やスイーツ販売の構想もあり、MITで学んだ製菓・カフェの知識を生かせるそこでの仕事を視野に入れて、今は様々な経験を積ませていただいています。もともと接客業が好きで、自分のサービスがお客様の満足につながり、結果リピーターになっていただけて会社に貢献できた時には、仕事に対する確かな手ごたえを感じますね。その辺の楽しさや仕事の醍醐味に関しては宿泊業も製菓・カフェも同じであると感じていて、自分に適したやりがいに満ちた仕事就けて本当に良かったと思っています。

介護分野

なぜ 介護福祉士に?

お爺ちゃん子だった私ですが、お爺ちゃんが亡くなる時何もしてあげることができなかった想いがあり、介護に興味を持ち始めました。その後に介護福祉士という職業があることを知ったことがきっかけです。

MIC時代の一番の思い出は何ですか?

最初の実習でコミュニケーションがうまくとれず辛いとき、先生に言われた朝夕の「あいさつ」を実行。私を遠ざけていた利用者さんと最後に打ち解けることができました。介護の現場で働き続けている出発点です。

現在の職場・仕事について教えてください

現在はユニットのリーダーをしています。職員同士のコミュニケーションやユニット全体のことを考え、日々の業務をコーディネイトします。イベントもみんなで企画して、かなりの数を実施しています。

仕事の「やりがい」「楽しみ」は何ですか?

利用者さんと一緒に作業をしたり、話をしたり、レクリエーションをしたりすることが一番楽しいです。利用者さんも自分も楽しいときが一番充実しています。

将来の目標は何ですか?

2年前にケアマネジャー資格を取得。今はさらに、看護師の資格にチャレンジして、また介護現場に戻ってきたいという想いがあります。看護の知識・スキルをもった介護スタッフが私の理想です。

なぜ 介護福祉士に?

大学を卒業後、保育用品や福祉用具の会社で営業をしていたとき、福祉施設で介護をしている人に触発され、介護福祉士を目指そうと決意。下諏訪町に戻って、福祉で地元に貢献したいと一念発起しました。

MIC時代の一番の思い出は何ですか?

社会人経験後の学校だったので、勉強が楽しいと感じました。自分より若いクラスメイトともいろいろ議論できたことも楽しかったです。勉強で分からないことを気軽に教えてくれる先生方も心強かったです。

現在の職場・仕事について教えてください

下諏訪町の社会福祉協議会で、高齢者のためのサロン事業や一人親家庭の子育て支援活動、介護者のストレス軽減のための情報交換や仲間作りの会を主催するなど、様々な福祉事業をプラン・運営しています。

仕事の「やりがい」「楽しみ」は何ですか?

その地域を自分なりに勉強して、きちんと地域とコミュニケーションをとって、信頼関係から生まれた事業が、地域の皆さんに喜ばれた時は最高にやりがいを感じます。

将来の目標は何ですか?

社会福祉協議会にとって、住民と話をすることが大事な仕事。今後もできるだけ多くの町民の方と話をするため、小さな町内会単位での地域支援にも取り組み、もっと下諏訪町のために働きたいです。

なぜ 介護福祉士に?

高校の時から一般のボランティア団体の活動として、託児所や保育施設などのお手伝いをしていたこともあって、母から「郁美はやさしいから介護とかいいかも」と言われたのがきっかけです。

MIC時代の一番の思い出は何ですか?

高齢者の方とのコミュニケーションで悩んでいたとき、利用者さんからどんどん話しかけてくれる障がい者支援施設の実習に出会い、このときの体験が現在の私の原動力になっています。

現在の職場・仕事について教えてください

知的・精神障がいのある利用者さんと一緒に作業や仕事をしながら障がい者の就労支援をする仕事です。利用者さん同士のもめ事にも、双方の話を聞きながら対応することもしばしばです。

仕事の「やりがい」「楽しみ」は何ですか?

落ち込んでしまっている利用者さんと面談したり、悩みや困っていることを聞いて一緒に解決していくことが仕事の喜びです。イベントなどで他の施設の人たちと出会い、たくさんの仲間ができることはとても楽しいです。

将来の目標は何ですか?

昨年から利用者さんの支援計画にも携わるようになり、保護者の方の相談に応じたりすることもありますが、まだまだ知識不足。現在、スキルアップのため社会福祉士を目指して通信教育で勉強中です。

なぜ 介護福祉士に?

大学を卒業後、販売のサービス業をしていましたが、長く働くことができる専門職に転職したいと考えるように。そんなとき、介護の仕事をしていた友人に仕事の楽しさを聞き、心動かされ、26歳の時に決断。

MIC時代の一番の思い出は何ですか?

アルバイトしながらの学校だったので、大変でしたが、クラスメイトと遊びに行ったり、旅行に行ったり久しぶりの学校生活を楽しみました。楽しい2年間のMICは貴重な時間でした。

現在の職場・仕事について教えてください

以前11年勤務した介護老人保健施設では、主任から施設長を歴任。現在の職場ではケアマネジャーとして入所の契約に向けた一連の仕事や、家族の相談、入所の相談など仕事は多様です。

仕事の「やりがい」「楽しみ」は何ですか?

自分たちにできることをきちんと考え、自分なりにステップアップしてきたことで、利用者さんだけでなく家族や地域と一
緒に考えることも増え、介護や福祉に対するやりがいは大きくなっています。

将来の目標は何ですか?

通信教育で社会福祉士資格も取得しています。今後、社会福祉士として一度地域から福祉を見つめ直し、地域で高齢者が元気で暮らすための支援に携わってみたいと考えています。

医療事務分野

なぜ 医療秘書に?

高2の春に大きな病気を体験、かかりつけのお医者さんやスタッフさんに大変お世話になりました。そのときから、医療の仕事に興味を持ち始め、その後、医療事務という仕事を知ることで進路を決めました。

MIC時代の一番の思い出は何ですか?

検定、検定の連続。大変な勉強量でした。苦しかったですが、同じ目標の仲間たちとの勉強は楽しかったです。みんなで教えあったり、励まし合ったり、今思うととてもいい思い出です。

現在の職場・仕事について 教えてください

もうすぐ3年目。受付、会計事務がおもな仕事です。小児科なので、「注射やだ」と泣いてくる子もいるんですが、「今日だけがんばろうね」と励ましたり、子どもたちとのコミュニケーションは楽しいです。

仕事の「やりがい」「うれしいこと」「心がけていること」は何ですか?

事務以外のことで「いつ予防接種したらいいの」などの相談をお母さん方がしてくれるのがうれしいし、やりがいを感じます。もっとしっかり勉強して頼りになる事務のお姉さんでいたいです。

将来の目標は何ですか?

患者さんの不安を少しでも取り除きたいので、笑顔を心がけています。もし、自分がお母さんになったときに、「この病院なら大丈夫」と思えるような対応ができるようになりたいです。

なぜ 医療秘書に?

小さい頃通っていた個人医院の受付の方がすごく優しい方で、その印象が強く医院に勤められたらいいなと思っていました。高校生になって将来の仕事として意識、医療秘書の専門学校進学を決めました。

MIC時代の一番の思い出は何ですか?

ひたすら机のうえで勉強した思い出です。一生で一番勉強しました。分からないところは友達といっしょに教え合い、大きな検定の前は何時間もぶっ通しでやりました。友達あっての猛勉強でした。

現在の職場・仕事について 教えてください

大きな視野でいろいろな方と関わりながら働きたかったので病院勤務を希望。現在は医事課で、受付、算定、会計などの業務に携わっていますが、様々な患者さんに対応するため仕事は多岐に及びます。

仕事の「やりがい」「うれしいこと」「心がけていること」は何ですか?

先輩も優しくて聞いたことにはすぐ答えてくれたり、コミュニケーションがいい職場です。いろいろなスタッフの方と協
力・連携しながら、自分なりに一生懸命仕事ができていることに満足しています。

将来の目標は何ですか?

レセプトは得意な分野ですが、今は自分のことで精一杯。病院全体を把握しながら行動できる憧れの先輩たちのように、広い視野でいろいろなことに対応できるようになりたいです。

なぜ 医療秘書に?

進路を考える時、資格が欲しかったことが動機です。大学への選択も考えましたが、将来一般的な事務仕事よりも専門的なことをやりたかったので、親とも相談して、医療系の事務の道に決めました。

MIC時代の一番の思い出は何ですか?

とにかく忙しかったです。1年生の夏から2年の夏までは検定の連続で気が抜けなかったです。勉強量も想像以上でしたが、調べることは好きだったので、できるだけ楽しみながら勉強しました。

現在の職場・仕事について 教えてください

受付、カルテ入力、会計が主な仕事。2名で事務をこなしています。薬の処方せんもお出しします。治療の内容ごとに対応が違いますし、日々新しい知識を勉強し、吸収し続けないと最適な対応ができません。

仕事の「やりがい」「うれしいこと」「心がけていること」は何ですか?

「病院全体の対応がいいので気分的に痛みが無くなるね」、といった声をかけていただけるとうれしいですし、気持ちよく帰っていただくことができると良かったなと思います。

将来の目標は何ですか?

感謝していただける仕事をしたいです。目を見てのお話しを心がけていますが、今は常時マスクをしているので目の表情と言葉遣いには気をつかいます。気持ちのいいあいさつも日々の行動目標です。

なぜ 医療秘書に?

高校の進路を決めるとき、専門学校に行って資格や技術を身につけたいと思っていましたし、医療機関は憧れでした。家族に相談すると、卒業後すぐに働ける医療事務ならと勧められ興味を持ちました。

MIC時代の一番の思い出は何ですか?

医療についてなんの知識も無いところからの挑戦だったので想像以上に覚えることが多く、必死で勉強。電子カルテの使い方については職場では質問される側です。きちんと勉強しておいて良かったです。

現在の職場・仕事について 教えてください

2年目に入り、整形外科の医療クラークとして複数のドクターのアシスタントをしています。診察の所見、処方薬、レセプトの点数などを電子カルテに入力したり、資料を用意したりと仕事の幅は広いです。

仕事の「やりがい」「うれしいこと」「心がけていること」は何ですか?

ドクターの求めていることが少しずつ分かるようになってきて、必要な資料や検査結果を用意すると「これでいいよありがとう」と声をかけていただけるのがうれしいです。やりがいになっています。

将来の目標は何ですか?

まわりで活躍している憧れの先輩のように、たくさん経験と知識を身につけて、どんな診療部署に行っても戸惑わず、頼りにされる医療クラークになりたいです。長く続けていきたい仕事です。

自動車分野

宮澤 碧 さん

宮澤 碧 さん

株式会社ヤナセ
松本美須々ヶ丘高等学校 出身/自動車整備学科卒

入社した時はメカニックの仕事をしていましたが、現在はフロントマンとして仕事をしています。100%人間相手の仕事なので忍耐力、そして体力が必要です。大変な仕事ですが、直接お客様から感謝されたり頼られたりするので、非常にやりがいがあります。少し前にベンツの「国際認定アドバイザー資格」を取得したので、責任も増したけどさらにやりがいも増えました。
 MIEの授業で学んだことは、フロントマンになった今でも役に立っています。自動車の構造や整 備などの基本的なことは、国産でも輸入車でも変わりません。実習で触った自動車は全部国産でし たが、基本をしっかり教えてくれたので、ベンツしか整備しない今の会社に入っても苦労することは ありませんでした。基本はしっかり学んでください。

仕事で役立ったこと
学校で学んだ自動車整備の基本は、メカニックやフロントマン、何をやるにしても大事。基礎がないと仕事にならない。

アドバイス
整備士の国家資格を取得するのは大変だけど、好きな自動車にかかわって仕事ができるのでとても面白いです。

小林 誠 さん

小林 誠 さん

株式会社和田正(オートバックス)
富士見高等学校 出身/自動車整備学科卒

今の店舗では、ピット作業はもちろん電装品やサスペンションなどのアフターパーツの取り付け、車検で預かった自動車の整備、それから販売業なので内で販売などをすることもあります。
ピット長なので、周りに指示を出して、お客様に声をかけさせて売らなければいけない立場なんですが、自分が動けばいいのではなく人を動かすことがいかに大変かを知りました。先生たちも、学生の僕らに勉強させるのは大変だったんだろうなぁと、今になって思っています。 MIEのオープンキャンパスのイベント、MIEオートサロンには毎年自分の車を出展しています。そこで出会えるMIEの先輩・後輩の繋がりも他では手に入らないものだし、自分の車を見た高校生に車を好きになってもらえたらと思っています。

仕事で役立ったこと
ナビなどのアフターパーツを取り付けたりすることが多いので、テスターの使い方など電装の授業は役に立っています。

アドバイス
2年間しかない学生生活、しっかり遊ぶ、真面目に就活、きっちり学ぶというメリハリが大事です。

平谷 拓矢 さん

平谷 拓矢 さん

スズキ自販南信株式会社
岡谷工業高等学校 出身/自動車整備学科卒

今の仕事は整備作業全般です。車検、点検、一般整備が主ですが、故障診断もたまに任されることがあります。メカニックの仕事としてお客様対応も含まれるんですが、電話応対は直接顔が見えないのでいまだに緊張します。仕事を始めて一番感じるのは、時間の厳しさだと思います。お客様との約束の時間が決められていて、それに間に合わせるように仕事を進めていかなければいけないので、自分の作業があとどれくらいで終わるのか、いつも気にしながら仕事をしています。
車のことを何も知らずにMIEに入学したけど、自動車整備に関する様々なこと、特に基礎・基本を厳しく指導してもらって今の自分があると思ってます。今更先輩に、基本的な工具の使い方を教えてください、なんて言えないですからね。

仕事で役立ったこと
教えてもらったことは全部。使わないだろうと思っていた計算問題も、結構使う場面があります。

アドバイス
先生たちはとにかく面白かったけど、しっかりと厳しく指導してもらったことが今の自分になっています。

黒田 雅宏 さん

黒田 雅宏 さん

長野日産自動車株式会社
東京都市大学塩尻高等学校 出身/自動車整備学科卒

車検、点検、一般整備等、整備作業全般を行っています。自動車整備士を目指そうと思ったのは中学校のころで、高校も都市大塩尻の自動車整備科をへてMIEの自動車整備学科に入学しました。MIEで一番楽しかった授業は何と言ってもラジコンを使った実習です。今のラジコンはサスペンションとか実車に近くてもちろん勉強にもなるんですけど、車が好きだし単純に楽しめました。
あと、今の職場では整備しませんが、バイク実習のキャブ調整とかも面白かったです。MIEの先生たちは、みんな自動車整備士を経験していて、雰囲気も現場の先輩や上司に近いし、教えてくれるテクニックも現場で使えるものばかりなので、今の職場にもすんなり溶け込めたのでとても助かりました。

仕事で役立ったこと
授業中の雑談に含まれる整備のテク長野日産自動車株式会社ニックです。つい最近もそのおかげで先輩に褒められました。

アドバイス
MIEの先生は楽しむことを知っています。サークルなどたくさん参加して充実した学生生活を送ってください。

システム・ネットワーク分野

相澤 斉樹 さん

相澤 斉樹 さん

アースシステム株式会社
田川高等学校 出身/情報システム学科卒

ソフトハウスの営業として、お客様の要望伺いから提案作成を行っています。
以前はプログラマーを担当しており、その時の経験が営業としても役に立っています。
よく「報連相(ホウレンソウ)」といいますが、仕事ではコミュニケーションが特に重要です。プライベートでの社交性とはまた違った、能力が必要になります。
就職に向けては、やはり人と話す力が重要だと思い、面接の練習に力を入れました。
資格取得にも積極的に取り組んだことが、就職にもつながったと思います。資格を持っていると就職後も強みになるので、学生のうちにできるだけ試験に挑戦することが大切だと思います。

仕事で役立ったこと
マナーやコミュニケーション能力も在学中に学べたことが仕事でとても役に立っています。

アドバイス
目標をもって取り組めば結果がついてきます。在学中に将来のビジョンを持つことが大事だと思います。

髙橋 直人 さん

髙橋 直人 さん

リコージャパン株式会社
池田工業高等学校 出身/情報システム学科卒

現在の業務はお客様へ納品したコピー機やネットワークなどの保守、点検を行うCE(カスタマーエンジニア)です。
最初の頃は任された仕事への責任感と重圧で大変でした。自分の手に負えず、先輩などの力を借りたり、悔しい思いもしました。しかし、お客様から感謝の言葉をかけていただいたことが励みになり、乗り切ることができました。
MIEの先生は授業以外のことも沢山教えてくれました。特に役に立っているのは、人との付き合い方です。朝見たニュースの話を真剣にしたり、趣味の話題で盛り上がったり...。雑談のようですが、実はコミュニケーション能力が向上しており、お客様とのやりとりで非常に役立ちます。

仕事で役立ったこと
とにかく基礎です。ITパスポートの試験対策で得た知識により、入社後の研修はすぐに理解できました。

アドバイス
仕事はコミュニケーションが大切です。友達や先生以外にも繋がりをたくさん持つことをお勧めします。

羽田 拓也 さん

羽田 拓也 さん

株式会社NTT-ME
大町北高等学校 出身/情報システム学科卒

私の仕事は、長野県全域の通信を支える業務です。通信設備の保守・工事・故障修理に携わっています。365日24時間、通信を見守り、故障した時には新潟や群馬、山梨などとの県境のビルに駆けつけて修理します。
電話の設備を扱う技術的な分野は学校では学ばなかったことですが、オフィスソフトの操作やビジネスマナーが非常に役立っています。また社内にシステムエンジニア部門もあるので、今後さらに活用できると思います。
学生の頃と違うのは、一つの操作ミスが直接お客様に影響することです。自分の行動に責任が伴っていることをひしひしと感じます。仕事で関わる全ての人と互いに協力して、一つひとつ乗り越えていこうと思います。

仕事で役立ったこと
オフィスソフトの基本操作やビジネスマナーを学べたことにより、他分野でも柔軟に仕事をこなせています。

アドバイス
皆さんがもっと学ぼうと心掛ければ、学校の先生方は、より専門的なことまで教えてくれます。

PAGE TOP