「好き」を仕事に。松本発、
本気でゲーム業界を目指す。

GAME
CREATOR

ゲームクリエイター学科

  • Scroll

ゲーム業界からのクリエイター育成アドバイス カリキュラムに積極導入!

本気でゲーム業界を目指すための7つの特色

1ゲーム制作会社との人材育成連携

本学のゲームクリエイター学科は、ゲーム業界への就職に精通したJEDAI の教育連携サポートを受けています。

他の多くの専門分野がそうであるように、ゲーム分野にも、その道のプロを目指す学びには欠かせない様々なノウハウがあります。松本からゲーム業界を目指すためには「いつ」「何を」「どう」学ぶべきか…。本学科では、ゲーム業界で活躍できる人材育成と、業界就職に精通したJEDAI(一般社団法人Japan Entertainment 開発協会)と提携し、ゲーム業界の専門家が提唱するクリエイター育成カリキュラムに積極的に導入しています。

専門学校 未来ビジネスカレッジ学生に業界で必要な知識とスキルを習得させ希望の業界就職へと導く
教育連携
提携教育機関に業界で必要な知識・技術を習得するためのカリキュラム等を提供
JEDAI ゲーム業界を目指す学生にゲーム制作会社への就職機会を提供
業界就職
「夢」のエンターテインメント業界で活躍!!ゲームクリエイター・CGクリエイター・サウンドクリエイター・映像クリエイター等

JEDAIとは(一般社団法人 Japan Entertainment開発協会)

JEDAIは、ゲームなど日本のエンターティメント業界を目指して専門学校・専門職大学などで学ぶ若者に、業界で活躍するために必要な知識やスキルを学べる環境(教育の質保証)と、業界への就職機会(インターンシップ・産学連携就職イベント)を提供し、新たな業界の中核となれる人材を育成することを目的としています。本学のゲームクリエイター学科は、国内のゲーム業界(企業)と強力なコネクションを持つJEDAIとカリキュラムや業界就職などの面で教育連携を結んでいるので、本気でゲーム業界を目指す学生を強力にバックアップできるのです。

業界就職のための産学連携イベント「クリエイタートライアウト」

クリエイター・トライアウトとは、学生をクリエイター業界への就職に結びつけるためのイベントです。多くの学校からクリエイターを目指す学生参加者を募り、グループに分かれて5日間でゲームを制作し、ゲーム業界などの企業が見学・指導を行う業界への就職を見据えた合同インターンシップ型イベントです。

21年次から作品制作!! 創作から学ぶ実践的カリキュラム

本学科のカリキュラムは、理論よりも実践(=作品制作)重視というスタンス。1年次から積極的にゲーム作品制作します。初めはできなかったり、上手くいかなかったりの連続かもしれませんが、クリエイターに近づく真の力はそれを乗り越えることによって培われるのです。また、「1つのゲーム作品を完成させた」という自信と手ごたえは、ゲーム制作に対する君の情熱に、さらに火をつけることでしょう!

3ゲーム業界で活躍するプロの講師陣 !!

ゲームの企画からプログラミング・CG制作など、主なカリキュラムは首都圏の企業でゲーム制作の経験を持ったプロの講師陣が担当。松本市の専門学校で、ゲーム業界の最先端が学べるのも大きなメリット。休み時間や放課後には、講師の方からゲーム業界の裏話なんて聞けちゃうかも?

4ゲーム業界就職への強力サポート

「どこまでできるか?」「何が作れるか?」…培ったクリエイターとしての力と、将来への可能性が問われるゲーム業界就職。本学科のカリキュラムは、「どうすればゲーム業界に就職できるか?」「業界から望まれる人材とは?」という問いかけに対する一つの答えです。さらに、貴重な就職の機会を逃さないための求人ネットワークや、「クリエイタートライアウト」などの就職イベント参加を視野に、ゲーム業界への就職を全力でバックアップします。

5ゲーム系イベント・コンテストに積極チャレンジ!!

「売れるゲーム」の制作が課題となるプロを目指す以上、自ら手掛けたゲーム作品に対する第三者の評価は、時には学びの指標となるものです。本学科では、東京ゲームショウなどのゲーム系イベントやコンテストにも積極的にチャレンジ!最先端を行くクリエイターたちや、同じ夢を持って学ぶ全国の学生たちの作品に刺激を受けて、自らのモチベーションを高めます。

6充実した施設・設備

本学科では入学者全員が自分専用の最新ノートPCを所持。学校でも自宅でも空いた時間に利用でき、グループ制作や課題作成の力強い味方になってくれます。また、3DCGなどの制作のために必要なハイスペックマシーンが並ぶゲームクリエイター学科専用コンピュータルームも設置予定。ゲーム開発に必要十分な設備を思う存分利用できます。

7安心な就学費用と学習環境

同じ分野の専門学校へ進学する場合でも、一人暮らしの県外に進学する場合は、自宅から通学する場合と比べはるかに多くの経費が必要だと言われます。本学科は経費の掛からない住み慣れた県内で、夢のゲーム業界就職のために十分な学習環境を提供します。

参考 ▶ 3年間の進学経費

MIT
ゲームクリエイター学科
約420万円
(自宅通学の場合)

県外専門学校
ゲーム関連学科
約800~1,000 万円
(学費・住宅関連費・
食費・交通費など)

ゲーム業界からのメッセージ

君たちの “なりたい” をバックアップします!

マネジャー
熊谷 友介

クリプトン・フューチャー・メディア株式会社
モバイルコンテンツチーム・CGMチーム

私達の会社は世の中の「クリエイター」と呼ばれる人を応援するために様々な活動や事業を行っています。ゲームは「企画を作る人」「音楽を作る人」「デザインする人」「プログラムをする人」など、沢山のクリエイターが力を合わせ、作品を生み出していきます。これから色々な事を学び、クリエイターの一員となった皆さんを、様々な形でバックアップしていけることを私達も楽しみにしています!

取締役
徳留 和人

株式会社スマイルブーム

元日本マイクロソフト株式会社X box事業部にてプラットフォーマーとして技術提供を行ってました。その後現在の会社にて教育関係者の支援を行っています。エンターテイメント業界は、その種類は広範囲であり、テクノロジーの最前線です。開発現場では、人の感情や、人のうちにあるものへの訴求が重要となります。新しいものを生み出すこの業界の方々は、コンテンツ制作に正解は無くあくなきチャレンジャーとして、あなたの持っている発想を具現化する事こそが、明日のクリエイターとしての初手となります。我々は新しいクリエイターを待っています!

代表取締役
福井 直志

株式会社 ブービートラップ

関西を中心にゲーム開発をしています。また、JEDAIの西日本支部長としてゲーム教育機関をサポートし、沢山のゲームを学んでいる学生に業界に就職してもらいエンターテイメント業界を活性化して欲しいと思っています。新しいテクノロジーの最前線ですが、基本的知識・技術を大切にして社会が求めるコンテンツを理解して具現化して欲しいと思います。そんな新しいクリエイターを業界は待っています!

© mirai.ac.jp All Rights Reserved.