松本医療福祉専門学校

医療現場を支える、
笑顔がチャームポイントの名脇役。

医療秘書学科

全日制 / 2年制 / 定員:30名(男女)

  • Scroll

医療秘書ってどんな仕事?

医療秘書は医療現場に欠かせない大切なスタッフです。

健康的な生活のために不可欠な医療は、医師・看護師をはじめとした多くの医療従事者で支えられています。
当学科は、医療機関の円滑な運営に欠くことのできない医療従事者のひとり、医療秘書スタッフの養成を行っています。以下は、医療現場ごと仕事内容とその名称が異なる主な医療秘書分野を紹介します。

医療スタッフを支える

医療秘書

医療秘書は患者様への応対はもちろん、医師や医療スタッフの仕事を支え、サポートします。スケジュール管理や書類作成などの秘書業務からカルテ整理、受付など、医療活動がスムーズに運ぶよう活躍するコミュニケーターです。人と接するうえでの一般的なマナーや常識も必要とされます。

職種・就職先は

●病院院長秘書

●医局秘書

●大学病院教授秘書

●看護師長秘書

●病院・クリニックの受付会計

医療現場を支える

病棟クラーク

病棟に関わる事務全体を担当する仕事。入院患者様の応対や事務処理、看護師のフォローを行う重要な存在です。医事課や医局とは異なり、医療現場に近いところで活躍できるやりがいの大きい仕事です。

職種・就職先は

●病棟・外来クラーク

●小児クラーク

病院の運営・経営をサポート

医療事務

受付や会計業務、請求事務などの専門スキルを身につけた医療事務のスペシャリストです。医事課などに配属され、レセプト業務を中心に医師や看護師をサポートします。

職種・就職先は

●病院・クリニックの受付会計

●請求事務

●レセプト点検業務

●診療アシスタント

専門知識を身につけ
ドクターをサポート

医療クラーク

業務過多な医師に代わり、アシスタントとして様々な医師の事務作業を担当。電子カルテへの代行入力や各種書類の作成などでドクターをサポートする事務職員です。

職種・就職先は

● 医療クラーク
( 医師事務作業補助者)

調剤薬局で活躍したい

薬局事務

保険調剤を行う調剤薬局等で、薬に関する専門知識を持って調剤報酬明細書を作成する専門スタッフです。

職種・就職先は

●調剤薬局事務

歯科医院でアクティブに働く

歯科助手

歯科医院での患者様への応対をはじめ、会計、事務、ドクターや歯科衛生士のアシスタント業務などをこなす大切なスタッフです。

職種・就職先は

●歯科助手

●クリニックの受付会計

●請求事務

カリキュラム

医療機関の運営・事務業務のために必要な知識と技術を修得します。

医療秘書とは、医療機関における事務全般を行うために必要な知識・技術を学習し、正確に対応できる人材です。診療報酬明細書(レセプト)の作成を中心に、医療秘書に必要 な知識を検定等の取得で身につけ、就職に結びつけます。
また、近年の医療機関のIT化に伴う電子カルテ・医事コンピュータ科目も充実。窓口業務で大切な応対技術(コミュニケーション・ビジネスマナー)についても学びます。

医療秘書学科 2年間で学ぶこと

医学知識

臨床医学

身体の各部位がどのような動きをするのかなど、基本的な身体の構造や働きに関しての知識、名称を学びます。医療の基礎授業となります。

臨床医学

この病気にどのような治療が行われるのか、身体のどの機能に支障がおきているのかなど各種疾患について、その種類、症状、治療法について学びます。

臨床検査

何の為の検査なのか?治療の一環として行われる各種の検査の原理・方法について、各種疾患と関連づけながら学びます。

薬理学

何に効く薬なのか、またどのような方法で体内に吸収されるのかなど、各種治療に使われる薬について、種類、治療の仕方、作用、用法、形状などを中心に学びます。

医療関連法規

医療機関で働くにあたり、業務に関わる医療法、療養担当規則、社会福祉に関する法規等各種法令について学びます。

請求事務能力

医療保険概論

保険の種類によって窓口での負担が異なるなど、各種医療保険の種類、保険診療のしくみ、公費医療を学びます。

診療報酬
検定・対策

診療報酬請求事務能力認定検定試験の取得を目指して演習を行い技術を養います。

医療事務医科

医科分野の診療報酬(医療費)の算定の原則と算定方法を学びます。

医療事務歯科

歯科分野の診療報酬(医療費)の算定の原則と算定方法を学びます。

医事コンピュータ技能

電子カルテ

電子カルテの理解、入力方法、医療費の算定方法について学びます。

診療情報管理

レセプトコンピュータの操作方法を学び、医療費の算定・請求について学びます。

医事コンピュータ概論

請求のオンライン化に伴うコンピュータについての基礎を学びます。

パソコン実習

Word、Excel、Power Pointを用いてのデータ有効活用方法を学びます。

接遇・対応力

ビジネスマナー

社会人としてのマナー、医療人としてのマナーを学びます。電話応対、来客応対等社会人としてのビジネスマナー演習を行います。

キャリア支援

文書表現能力、自己表現能力を身につけ、コミュニケーション技法について学びます。

医療機関、保育・高齢者施設実習

子供、高齢者との関わりを体験し、様々な年齢の特徴と関わり方を学びます。また、これらを踏まえ、医療機関での患者応対や各部署の役割と連携を学びます。

医療秘書学科 学びの特長

全国平均を大きく上回る資格取得率。独自のカリキュラム構成で応援します。

医療秘書として医療機関の顔になるための専門教育と秘書教育が充実しているMICでは、就職時に採用の判断目安となる専門技術の資格取得率が高く、全国平均を大きく上回っています。医療機関で長年の実務経験を持つ教員陣が、資格取得のための特別カリキュラムで応援します。

診療報酬請求事務能力
認定試験(医科)

合格率

92.3%

(全国平均37.9%)2018年度実績

診療報酬請求事務能力
認定試験(歯科)

合格率

100%

(全国平均37.9%)2017年度実績

目指す検定・試験・資格(一例)

診療報酬請求事務能力認定試験(医科・歯科)

この検定は基礎医学・臨床医学の概要、医療関連諸法令の概要、診療報酬請求など広範囲かつ医療に関連する総合能力が問われます。医科・歯科があります。

医事コンピュータ検定試験

情報処理に関する知識、医療事務の知識、医事コンピュータ操作技能の3分野の知識と技能が問われ、検定は1~3級に分かれています。

医療事務管理士技能認定試験(医科・歯科)

患者の受付・治療費の計算・診療報酬明細書作成など医療事務従事者が必要とされる技能・知識を認定するための検定です。診療報酬明細書作成能力、保険の知識をはじめ医学的基礎知識が問われ、医科と歯科があります。

電子カルテ実技検定試験

この検定は、診療時における医師と患者とのやり取りを、シミュレーション化した問答形式問題を基に、電子カルテシステム(診療所、病院外来用)を操作し、電子カルテを作成する検定です。検定に合格すれば、医師事務作業補助技能認定の一つの条件を満たすことになります。

医療秘書技能検定試験

医療現場での複雑な業務を的確に処理し、円滑に進める能力を証明するもの。秘書実務、医療関連法規、医学的基礎知識、医療事務など幅広く知識・技能が問われます。検定は1~3級に分かれています。

歯科助手資格

(社)日本歯科医師会が設定した「歯科助手資格認定制度」をもとに日本歯科医師会の了承を得た、各都道府県歯科医師会などで行われる講習を修了することで取得可能です。乙種第一、乙種第二、甲種の3種類があります。

試験対策

医療機関実習を充実した2週間にするために、事前の演習をじっくり行います。演習では医療機関実習で必要な基礎知識、患者応対の方法をロールプレイ(役割演技)形式を用いて身につけます。
また、高齢者施設演習の授業で、車椅子・介護ベッドの操作方法や利用される方への配慮についても学びます。救急法の習得も重視し、全員が上級救命講習を受講し、心肺蘇生、応急手当、異物除去、搬送法について学びます。

実践・演習重視

医療秘書関連の試験のなかでも一番の難関!「診療報酬請求事務能力認定試験」。試験の3週間前から『試験対策授業』が行われます。試験合格のため、教員と学生が一体となってこの 集中授業に取り組み、毎年確実に成果を上げています。

患者接遇

歯科助手演習

保育演習

介護演習

施設実習体験談

保育施設実習

1年次1月

医療現場で患者様とのコミュニケーションの重要な部分を担う医療秘書にとって、小さな子どもたちとの関わりはとても大切になります。小さな子どもたちの特徴と関わり方を保育施設で体験学習します。

山本 夏希さん実習先/あがた保育園(松本市)

子どもの成長による違いに、
毎日が発見の連続でした。

5日間の実習、0歳児クラスから4歳児クラスまでを日替わりで体験。2歳児までは「一緒に遊んで」ですが、3歳・4歳児になると自分のやっていることを見てほしい気持ちが強いなと感じました。普段はあまり幼い子どもたちとふれあう機会がないので、月齢の差によってこんなに接し方が違うのかと実感できました。
 ちょうどコマ回しが流行っていて、3歳児は手で回すだけなのに、4歳児はひもで回していたのにびっくり。言葉の発達はもちろんですが、身体の発達の違いでできることがこんなに違うのかと驚かされました。絵本の読み聞かせも2歳児と3歳児で2回実施。実習前、1週間毎日練習してきた手遊び、折り紙、読み聞かせの演習がとても役に立ちました。

保育施設実習 主な実習先
あがた保育園、神田保育園、島立中央保育園、寿保育園、里山辺保育園、みずほ保育園、みずべ保育園、きみいち保育園、東部保育園、東みのわ保育園、西保育園、飯坂保育園、南穂高認定こども園、たつみ保育園、堀米保育園、井川城保育園、南松本保育園、笹部保育園、広丘南保育園、妙義保育園、原村保育園、赤沼保育園、新町保育園

高齢者施設実習

1年次2月

超高齢化社会を迎える将来、医療秘書にとって医療機関を訪れる高齢者の方とのコミュニケーション力も必須能力のひとつです。高齢者の方々と福祉施設でいっしょに過ごすことで関わり方を学びます。

今井 優広さん実習先/城山デイサービスセンター(松本市)

コミュニケーション力の強化が、
自分の最重要課題でした。

高校で環境福祉科を専攻し卒業時の試験で「介護福祉士」の資格を取得。高齢者施設の実習経験もありましたが、元々コミュニケーション力には自信が無かったので、今回の実習では、できるだけ多くの利用者さんとコミュニケーションを取るように心がけました。日常、お天気、昔の話などをきっかけに認知症の利用者さんとのコミュニケーションは特に重視。自分が目標にしていたコミュニケーション体験ができたかなと思います。
 レクリエーション体験として、じゃんけんをしながら県内の市町村を取り合う「長野県陣取りゲーム」を利用者さんと一緒にやりました。市町村名を言うことで脳トレになるんだなと実感。新しい発見がたくさんあった1週間でした。

高齢者施設実習 主な実習先
かえでの木、上伊那生協病院デイケア、とみさと、デイサービスセンター豊科、真寿園デイサービスセンター、松本市北部デイサービスセンター、ふくろうの家横田、ふくろうの家、第2グレイスフル辰野、デイサービスセンター梅の里、フラワーハイツデイサービス、グレイスフル下諏訪デイサービスセンター、デイサービスセンター西山の里、しゃらの木、デイサービスセンター三郷、デイサービス ハーモニー、ハーモニー通所リハ、松本市城山デイサービスセンター、ツクイ松本、かりんの里デイサービスセンターあおぞら、はなみずき、ツクイ塩尻

医療機関実習

2年次9月

実際の医療機関で2週間の研修を行います。医療スタッフの仕事内容、連携などについて見学・実習を通して学びます。学内だけでは学ぶことのできない多くのことを医療現場で体験することのできる貴重な機会です。

戸枝 愛里沙さん実習先/藤森病院(松本市)

「患者さんのための仕事なんだ」と
実感できた実習でした。

実習の最初の3日間は受付、次の3日間は算定、残りの期間は会計を体験。
初日から、実際の受付での対応にとても緊張しましたが、学校での事前演習の効果もあってなんとか頑張ることができました。私は緊張すると声が小さくなるので、大きな声での挨拶を心がけていたら、患者さんから「元気がいいね」と褒められとても嬉しかったです。
指導をいただきながら診察内容をパソコンに入力する算定では、スピードと正確性両方が必要だと身をもって実感できましたし、病院内での多様な業務の大変さを「患者さんには感じさせてはいけない」というスタッフのみなさんの思いをたくさん感じることができた実習でした。

手塚 倫果さん実習先/昭和伊南総合病院(駒ヶ根市)

初めての医療機関実習は、
貴重な体験と発見の連続でした。

総合病院の医事課を中心とした実習でしたが、院内の様々な部署や各病棟の見学もさせていただきました。ほとんどが初めて見るものばかり、分からないことは率直に質問をするように心がけました。
 医事課では、長期間来院されていない患者さんの保存カルテをバーコードを使って来院用に変更する業務を体験。また、救急搬送された患者さんの書類とリストバンドを用意する救急対応のお手伝いもしました。とても緊張しましたが看護師・ドクターを支援する役割の貴重な体験になりました。多忙な中でも落ち着いてスピーディに業務をこなされているスタッフのみなさんの姿がとても素敵でした。病院の全体像も少し理解できた2週間でした。

医療機関実習 主な実習先
相澤病院(松本市)、北アルプス医療センターあづみ病院(池田町)、安曇野赤十字病院(安曇野市)、一之瀬脳神経外科病院(松本市)、木曽病院(木曽郡)、国立松本病院(松本市)、塩尻協立病院(塩尻市)、桔梗ヶ原病院(塩尻市)、市立大町総合病院(大町市)、城西病院(松本市)、信州大学医学部附属病院(松本市)、松本協立病院(松本市)、松本市立病院(松本市)、松本中川病院(松本市)、藤森病院(松本市)、穂高病院(安曇野市)、伊那中央病院(伊那市)、岡谷病院(岡谷市)、上伊那生協病院(箕輪町)、昭和伊南総合病院(駒ヶ根市)、諏訪共立病院(下諏訪町)、諏訪湖畔病院(岡谷市)、諏訪赤十字病院(諏訪市)、諏訪中央病院(茅野市)、諏訪マタニティクリニック(下諏訪町)、長野県立阿南病院(阿南町)、富士見高原病院(諏訪郡富士見町)、北野病院(長野市)、篠ノ井総合病院(長野市)、長野病院(上田市)

医療秘書学科・就職(進学)実績

【病院】JA長野厚生連 北アルプス医療センターあづみ病院/JA長野厚生連 富士見高原病院/安曇野赤十字病院/穂高病院/一之瀬脳神経外科病院/松本市立病院/松本協立病院/信州大学医学部附属病院/相澤病院/桔梗ケ原病院/木曽病院/諏訪赤十字病院/諏訪湖畔病院/前沢病院/諏訪中央病院/信州上田医療センター/上伊那生協病院/諏訪共立病院

【診療所】狩谷整形外科医院/古川整形外科医院/花岡こどもクリニック/佐藤耳鼻咽喉科医院/三輪眼科医院/須澤内科小児科医院/川原医院/丹羽外科医院/中村眼科/中田整形外科/北原レディースクリニック/種山医院/春山眼科医院/西川小児科医院/あおぞらレディス&マタニティクリニック/小島クリニック/兵藤整形外科医院/新田内科クリニック/ゆりの木クリニック/たかはし医院/ふかさわ耳鼻咽喉科医院/諏訪マタニティークリニック/花田眼科/細田眼科医院/今井整形外科/小口内科クリニック/向山内科医院/小池医院/岩田クリニック/松本眼科クリニック/土屋クリニック/高林内科呼吸器科クリニック/谷川整形外科クリニック/北原眼科クリニック/中村クリニック/長田内科循環器科医院

OB&OGに聞きました!

2018年3月卒業

小林 諒修さん

勤務先
信州上田医療センター(上田市)
●事務部企画課

なぜ医療秘書に?

薬剤師を目指していましたが挫折。ただ学んできた医療の知識を他で役に立てたいと考え、医療事務の分野なら活かせるのではと思い、資格取得を目指してMICを選択しました。

現在の職場・仕事について教えてください

事務部企画課含め契約係として、給食用の食材、契約消耗品(パソコンを含め医療機器以外の広範囲)や、壊れてしまったものの修理を重点的に担当しています。納期を守るために予定や段取りには気を遣います。

仕事の「やりがい」「心がけていること」は何ですか?

お米や医療機器等の発注には入札が必要です。そのため自分が入札しないとお米がなくなってしまいます。責任重大な業務ですが、病院の役に立っているんだという充実感がやりがいにつながっています。

将来の目標は何ですか?

現在の契約係で入札や見積もり等の書類記入の知識と業務経験を積み、キャリアアップすることで、経理・給与計算など多様な事務職としての仕事全般を身につけていきたいです。

2016年3月卒業

伏見 萌さん

勤務先
なつめ薬局(池田町)
●医療事務

なぜ医療秘書に?

高校3年時に進路で悩んでいたとき、医療事務をしていた親戚の人から話を聞く機会があり、医療の仕事に興味を持ち、自分も医療分野で活躍してみたいと思うようになったことが今につながっています。

現在の職場・仕事について教えてください

クリニックからの送付や患者さんが持ってこられる処方箋の受付、レセプト、薬の棚だし等の提供準備などが日々の業務です。薬剤料の計算と金額の提示は、スピーディにしかも正確に行うことが重要です。

仕事の「やりがい」「心がけていること」は何ですか?

薬の知識も増え、今は、薬のレセプトを任されていることがやりがいです。算定ミスもほとんど無く正確な仕事ができていることも嬉しいです。また高齢の方が多いので、ゆっくり、しっかりと話すことを日々心がけています。

将来の目標は何ですか?

市販薬を説明して販売をすることができる「登録販売者」の資格を取りたいと思い、少しずつですが勉強を始めています。まだまだ学びと知識が不十分ですが、来年か再来年の取得を目指して頑張っています。

2010年3月卒業

藤原 結香さん

勤務先
中村眼科(松本市)
●医療事務

なぜ医療秘書に?

高校生のとき通院していた病院で働く人がとても格好よくて、あこがれを持っていました。でも、実際の医療現場はちょっと苦手。調べると医療秘書という仕事を見つけ、私にもできそうだと思い進路を決めました。

現在の職場・仕事について教えてください

忙しいときは受付業務も行いますが、視力等の目の検査業務が主な仕事です。視能訓練士の先輩がいらして、その方からいろいろなことを学ばせていただきました。コンタクトの説明や挿入方法の練習や指導も行います。

仕事の「やりがい」「心がけていること」は何ですか?

患者さん一人ひとりに正確な測定を促すことや病気の内容を理解してもらうのは簡単なことではありませんが、患者さんから「目がよくなってきたよ」などと、声をかけていただけるとやりがいを感じます。

将来の目標は何ですか?

患者さんにきちんと向かい会うために、会計後のカルテを見直して診察の結果を確認したり、看護師長さんの情報をメモしたりするようにしています。信頼される眼科医療秘書が目標です。

2015年3月卒業

根岸 まなみさん

勤務先
諏訪中央病院(茅野市)
●医療クラーク

なぜ医療秘書に?

自分の得意なことは「地道で細かい作業かな」と考えていた高校3年生のとき、そこで行き当たったのが医療秘書という職業です。当時、姉が言語聴覚士を目指し専門学校で頑張っていたのも刺激になりました。

現在の職場・仕事について教えてください

救急外来に救急車で搬送されてきた患者さんの検査等のオーダーを医師の代わりに行う医療クラーク業務です。カルテ作成や経過記録記入の代行など、医師・看護士が現場に集中できるようにフォローするのが仕事です。

仕事の「やりがい」「心がけていること」は何ですか?

3年目でやっと医療クラークとして現場の円滑化に貢献できるようになってきました。医師や看護師さんに「ほんと助かる」「そんなことまでやってくれてうれしい」と言っていただくことが仕事の活力になっています。

将来の目標は何ですか?

救急外来のクラークとして今以上にできることがたくさんあると思います。そんなクラークとしての可能性を追求して救急外来のかけがえのない存在になりたいです。後輩の指導にも積極的に取り組みたいです。

© mirai.ac.jp All Rights Reserved.